119 ヨーロッパに大きなうねり、の巻

 日本がバブル経済に沸いているころ、東ヨーロッパでは革命が起きていたんだと・・。 米ソの冷戦によって、ソ連側についていた東ドイツやポーランドなどの社会主義諸国が、次々と民主化していったとさ。 1989年、東西ドイツを分断していたベルリンの壁が壊され、翌年、ドイツは統一したそうな。 ソ連も1991年に解体し、ロシア連邦を中心とした独立国家共同体となった。これによって、冷戦が終わったとさ。<豆まめ知識・独立国...

114 戦後の冷たい関係、の巻

 連合国は、第二次世界大戦のような悲惨な戦争を二度と起こさないよう、国際平和と安全の維持を目的として、1945年に国際連合をつくったそうな。 しかし、同じ連合国であったアメリカとソ連は、戦後の処理や世界の指導権をめぐって、しだいに対立していったとさ。 両国は、世界の国々を自分たちの陣営に入れようと、競い合うようになっていったんだと・・。 このような武力衝突のない対立を、冷たい戦争(冷戦)というそうな。...

101 そのころ世界は? ヨーロッパ編、の巻

・多くの植民地を持つイギリス・フランスの場合  植民地との関係を強化し、それ以外の国々には高い関税をかけ、商品が入ってこないようにしたそうな。 ブロック経済という閉鎖的な経済圏をつくって対処したんだと・・。・植民地も資源も持たないイタリア・ドイツの場合 イタリアは第一次世界大戦の戦勝国だったが、大戦後の経済は混乱していたそうな。ファシスト党の指導者であるムッソリーニが政権を握り、1党独裁を行ったと...

100 そのころ世界は? アメリカ・ソ連編、の巻

 世界恐慌の影響を受けた各国の対策は、自国のおかれている状況で、違いがあったそうな。・国内資源のあるアメリカの場合 世界恐慌から立ち直るため、ルーズベルト大統領が、1933年にニューディール政策をとったとさ。 ニューディール(New Deal)とは、新規巻き返しという意味だそうな。政府がダムなどの大規模な公共事業を起こし、失業者を助けようとするものだと・・。・社会主義を確立していくソ連の場合 スターリンの指導...

76 レボリューション! の巻

 1789年、重税に苦しむパリ市民が、バスチーユ牢獄を襲撃した事件をきっかけに、フランス革命が起こったと・・。 日本では、松平定信が寛政の改革をしていた頃じゃ。<豆まめ知識・バスチーユ牢獄> パリ市内にある牢獄。国王の政治に反対した政治犯を収容していた。そのため、専制政治の象徴とされていた。 その後、身分による特権はなくなり、人権宣言が発表されたとさ。 人は生まれながら自由で、平等の権利を持ち、主権は...