95 おなじみの作家がいるよ大正文化、の巻

 大正文化は、大衆化が進んだんだと・・。
 新聞・雑誌・ラジオなど、マスコミが発達し、映画・レコード・歌謡曲・スポーツも普及したそうな。
トーキーとトンカツ

 西洋風の生活が流行し、働く女性が増えたことで、洋服が普及したそうじゃ。

 純文学では、志賀直哉(しがなおや)、谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)、武者小路実篤(むしゃのこうじさねあつ)、芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)などがいる。

 大衆文学では、大佛次郎(おさらぎじろう)、吉川英治(よしかわえいじ)、江戸川乱歩(えどがわらんぽ)などがいる。
芥川だけ覚えよう

<豆まめ知識・いろいろな文学賞>
 大正時代に活躍した作家には、その名を冠(かん)した文学賞がたくさんある。
 中でも有名なのは、芥川賞。正確には、芥川龍之介賞で、純文学での新人作家に与えられる。ベテラン作家が対象なのは、谷崎潤一郎賞。
 大衆小説では、大佛次郎・吉川英治・江戸川乱歩の3人とも、文学賞がある。
 江戸川乱歩賞は、推理作家を目指す人の登竜門で、過去の受賞者に西村京太郎、東野圭吾などがいる。

孤島の鬼 (角川ホラー文庫) [ 江戸川乱歩 ]

価格:720円
(2017/9/26 23:18時点)



友情改版 (新潮文庫) [ 武者小路実篤 ]

価格:399円
(2017/9/26 23:19時点)



コメント

非公開コメント