4 生活は不安だらけ、の巻

 自然に左右される時代じゃった。
 食べ物は安定してとれるわけでもなく、木の実や魚がたくさんとれても、保存の方法がわからなかった。
 おじいさんもおばあさんも、常に不安定な暮らしをしていたそうな。

 そのため、土偶(どぐう)をこしらえ、豊作や健康を祈っていたとさ。
縄文時代4

 <縄文文化>
 磨製石器や竪穴住居、縄文土器以外にも、動物の骨や角で作った骨角器などがある。


 青森県の三内丸山遺跡(さんないまるやまいせき)は、今から約5500年前から4000年前の集落跡だそうな。日本最大級のむらで、ここでの集団生活は、1500年以上も続いたとさ。
 めでたしめでたし・・。
縄文時代5

三内丸山遺跡 (日本の遺跡) [ 岡田康博 ]

価格:1,944円
(2017/8/9 10:29時点)


コメント

非公開コメント