44 秀吉の野望と桃山文化、の巻

 豊臣秀吉は、国内を統一しただけでは飽き足らず、明(中国)の征服も企てたそうな。そこで、その足がかりをつけるため、朝鮮に兵を送ったと・・。

 しかし、現地で激しい抵抗にあい、2度目の出兵中に秀吉が病死したため、兵を日本に引き揚げたそうじゃ。
李舜臣
 
 この朝鮮侵略で、豊臣政権の力が弱まっていったとさ。
 多くの戦費と兵力を使ったため、武士や農民の負担が重くなったことや、秀吉の後継者である秀頼(ひでより)が、まだ幼かったことなどが理由だそうな。
秀頼

<桃山文化>
 大名や大商人による豪華で雄大な文化。南蛮(なんばん)文化の影響を受けている。

・姫路城など、天守閣(てんしゅかく)のそびえる城。
・茶道は千利休(せんのりきゅう)によって大成。
・三味線に合わせて語る芸能の浄瑠璃(じょうるり)。
・歌舞伎(かぶき)は、出雲(いずも・島根県)の阿国(おくに)という女性が、斬新な動きや派手な装いで踊り始めた。
南蛮風ファッション

日本の城1000城 1冊でまるわかり! [ 大野信長 ]

価格:1,836円
(2017/8/27 22:51時点)



千利休の功罪。 (Pen books) [ pen編集部 ]

価格:1,620円
(2017/8/27 22:53時点)



コメント

非公開コメント