59 米がねぇ~、の巻

 11代将軍・家斉(いえなり)の晩年に、極端な天候不順によって、凶作が続いたそうな。ききんが頻発したと・・。
 年号が天保(てんぽう)のときに続いたので、天保のききんと呼ばれているそうじゃ。
 ちなみに、ききんというのは、食べ物や生活に必要な物資が不足し、人々が飢えて苦しんでいる状態のこと。
米不足のあと

 このききんは、大坂で多くの餓死者を出したんだと・・。
 しかし幕府は、何も対策をとらなかったそうな。
 そこで、1837年、大坂町奉行所(まちぶぎょうしょ)の役人だった大塩平八郎(おおしおへいはちろう)が、反乱を起こしたとさ。
大塩の乱

 大塩の乱は、わずか1日でしずめられたそうじゃが、幕府の受けた衝撃は大きく、ようやく改革に乗り出していくんだと・・。

大塩平八郎【電子書籍】[ 森鴎外 ]

価格:108円
(2017/9/3 22:39時点)



江戸時代の暮らし方 (「もしも?」の図鑑) [ 小沢詠美子 ]

価格:972円
(2017/9/3 22:44時点)



コメント

非公開コメント