62 諸藩の改革と化政文化、の巻

 幕府が天保の改革を行っていたころ、諸藩も財政が苦しかったそうな。
 収入を増やすため、さまざまな改革をしていったとさ。

 多くの藩が、改革に失敗したそうじゃ。
 しかし中には、能力のある下級武士を登用し、領地内の特産物を独占して販売する藩が出てきたと・・。
諸藩の改革

 薩摩(さつま)や長州(ちょうしゅう)が、財政の立て直しに成功し、西洋の軍備を取り入れていきおった。そして、幕末から明治にかけて、大きな役割を果たしていくそうじゃ。

<化政文化>
 江戸の町人文化。11代将軍・家斉(いえなり)の時代に栄えた。
 年号が文化・文政の時期なので、一字ずつとって化政文化という。

・俳諧(はいかい)
 与謝蕪村(よさぶそん)、小林一茶(いっさ)
俳句

・小説
 滝沢馬琴(たきざわばきん) 『南総里見八犬伝』(なんそうさとみはっけんでん)
 十返舎一九(じっぺんしゃいっく)『東海道中膝栗毛』(とうかいどうちゅうひざくりげ)
錦絵四天王

南総里見八犬伝(一) 運命の仲間 運命の仲間 (講談社青い鳥文庫) [ 曲亭馬琴 ]

価格:702円
(2017/9/5 23:34時点)



東海道中膝栗毛(上) 現代語訳 (岩波現代文庫) [ 十返舎一九 ]

価格:1,058円
(2017/9/5 23:39時点)



東海道中膝栗毛 弥次さん北さん、ずっこけお化け旅 (ストーリーで楽しむ日本の古典) [ 越水利江子 ]

価格:1,620円
(2017/9/5 23:40時点)



コメント

非公開コメント