7 稲作が伝わったぞ、の巻

 むかしむかし・・。
 朝鮮半島から稲作が伝わり、みんなで共同作業をするようになったそうな。おじいさんは木製農具を使ったそうじゃ。

 収穫した米は、湿気を防ぐため、高床倉庫に貯蔵したとさ。
高床倉庫

 おばあさんは薄くて丈夫な弥生土器を使い、食料を保存したり、煮たきをしたりしたんだと・・。

 この時代を弥生時代といったそうな。
 約700年も続いたとさ。(紀元前5,4世紀~紀元後3世紀頃)

 中国・朝鮮からほぼ同時に、青銅器(銅とすずの合金)と鉄器が伝わった。この2つを合わせて金属器と呼ぶんだと・・。
 青銅器は主に祭りに使われ、鉄器は武器や木を削るための道具として使ったとさ。
金属器

<弥生文化>
 稲作が始まり、弥生土器と金属器を使った。

 佐賀県の吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、ところどころに物見やぐらが建ち、二重の濠(ほり)に囲まれた大規模な集落じゃった。
吉野ヶ里

【送料無料】学研まんがNEW日本の歴史 別巻2冊[全14巻]

価格:15,768円
(2017/8/10 14:15時点)



コメント

非公開コメント