65 何が不平等だったのか? その1、の巻

 むかしむかし・・。
 幕府が、日米修好通商条約を結んだころのことじゃった。
 あるところに、おじいさんとおばあさんが住んでいた。
 おじいさんは山へ芝刈りに、おばあさんは川へ洗濯に行ったそうじゃ。おばあさんが洗濯をしていると、そこへアメリカ人が流れてきた。
 親切にも、おばあさんはアメリカ人を家に招いたと・・。
 すると、しばらくして、おじいさんが山から帰ってきたそうな。
 親密な2人の関係に激怒したおじいさんは、アメリカ人を追い出そうとしたが、体格差が災いして、反対に殺されたとさ。
流行の不倫

 おばあさんは幕府に訴えたが、そこは日米修好通商条約を結んだばかり。
 条約の中には、領事裁判権(りょうじさいばんけん)を認めるとある。これは、領事(外交官)が裁判する権利のことをいうんだと・・。

 日本の山奥で発生した事件なので、本来なら日本の法律で罰するべきなのに、アメリカの領事が、アメリカの裁判にのっとって、裁判をしてよいとのことじゃった。
 これが、条約の不平等の1つ、領事裁判権を認めるということだそうな。

 おじいさんを殺したアメリカ人は、日本の裁判にかけることもできず、無罪になったそうな。
 哀れなおばあさんは、泣き寝入りをしたとさ。
泣き寝入り

ゴロで覚える中学歴史 [ 学研プラス ]

価格:1,058円
(2017/9/8 20:55時点)



コメント

非公開コメント