90 大正時代に入ったぞ、の巻

 むかしむかし・・。
 明治の次に、大正時代がやってきます。さみしいことに、わずか15年ほどしかなかったそうな。(1912年~1926年)

 1900年代の初め、世界はどういう動きをしていたかというと、イギリスやフランスなど、力を持つヨーロッパの国々が、植民地を増やそうと、互いに競っていたそうじゃ。

 植民地を得ようとするのは、自国製品の売る場所がほしいからだと・・。原材料なども、そこから調達していくためでもあったとさ。
 自国の繁栄に、植民地は欠かせない政策だったそうな。
帝国主義なうごき

 そんな中、植民地獲得競争に乗り遅れていたドイツが、オーストリア・イタリアと三国同盟を結んだと・・。
 ドイツの動きを警戒したイギリス・フランス・ロシアが、三国協商を結び、次第に両者は対立していったとさ。
両者の対立

 1914年、サラエボという都市で、オーストリアの皇太子夫妻が、セルビア人の青年によって暗殺される事件が起こったそうな。
 このサラエボ事件がきっかけとなり、第一次世界大戦が・・、
 はじまりはじまり・・。

第一次世界大戦 (ちくま新書) [ 木村靖二 ]

価格:842円
(2017/9/22 22:04時点)



世界の歴史(16)全面新版 第一次世界大戦 (集英社版・学習漫画)

価格:972円
(2017/9/22 22:06時点)



コメント

非公開コメント